メイン

死亡保険 アーカイブ

2009年08月26日

死亡保険とは

死亡保険とは、色々な種類の死亡保険があるのですが、保険料が比較的安くて、死亡保障と言えば高額な金額になりますから、それを手にするためには、欠かせないとされている定期保険の一つであります。死亡保険は一定の期間、保険期間が決められており、その期間内に、死亡してしまったり、高度の障害を負うような症状になった場合には、保険金が支払われることになっています。掛け捨ての保険です。保険料というのは死亡保険の場合には、保険期間が短ければ短いほど安くなりますし、保険期間が長ければ長いほど高くなるという仕組みになっています。

死亡保険には随時更新する形の更新型と、全期型と呼ばれる二つの種類に分けられていて、更新型の死亡保険の場合には、保険期間が終了してしまうと、告知や審査なしで、自動的に更新されるという形になっています。更新したときの死亡保険の保険料というのは、更新するときの年齢や保険料の率で決められますから、一般的には更新をすればするほど保険料が高くなるのが特徴です。家族のライフスタイルやライフサイクルなどによって保険金額を、毎年一定の金額で減らして、死亡保険金を受け取るバイアに毎月一定額にしておくというような、収入を保証するという定期保険の死亡保険も最近は人気があり、必ずしも一括で受け取る死亡保険ばかりではありません。

死亡保険の比較

死亡保険を選ぶ際には色々と比較した上で加入した方がいいでしょう。死亡保険の比較をする際のポイントというのは色々とあります。まず死亡保険を比較する際には、定期型なのか終身型なのかどちらの形にするのかまず選ぶ必要があります。この二つは死亡保険の保障金額が同じであっても保険料が違っています。終身型の場合には保障機関は一生涯で、保険料も一生変わりませんがその代わり保険料は高いのが特徴です。そして定期型の死亡保険の場合には保障機関は一定で更新のたびに保険料が変わってきますが、その分保険料は安めに設定されているという特徴があります。

死亡保険を比較する際には、保険の金額についてや保険の期間についてもしっかりと比較する必要があります。保険期間が10年のものと一生涯の保険料では違ってきますし、保険金額が2000万円と6000万円ではこちらも違ってきますから、保険料については、それぞれよく確認して条件をそろえたうえで比較しましょう。死亡保険を比較する際には、掛け捨てなのか積立なのかについても比較する必要があります。掛け捨てになれば、解約をしてもお金が戻らないのですが、保険料は安めになるという特徴があります。このように、死亡保険を選ぶ際には、掛け捨てか積立かよく比較して選ぶ必要があります。

死亡保険の保障

死亡保険の保障についてですが、どれくらいの保障が自分には必要なのか、これは年齢によっても違っていますし、それだけでなく家族構成などによっても違っています。万が一自分が死亡した際に必要になってくるお金というのは、子供の教育費、自分のお葬式のお金、住居費と生活費などが必要になってきます。そして家族には、貯蓄と、家族の収入、退職金や遺族年金といった収入が入っていますから、必要になるお金から、これらの収入を引いた額というのが、万が一のことがあった後に必要になってるお金ということになり、それが保障額ということになります。

死亡保険の保障額というのは独身でも違っていますし、夫婦二人だけの場合、子供が1人の家庭など、人によってライフスタイルが色々ですから、それに合わせて死亡保険の保障額は違っています。自分に万が一のことがあったら、いったいどれくらいのお金が必要なのか、それを計算した上で、死亡保険でどれくらいのお金をかけるのかということを計算してみてはいかがでしょうか。人によって金額は違っていますから、死亡保険の保障額というのは様々ですし、同じ人であっても、人生の節目に合わせて変えていく必要があります。

住宅ローンを借りる際などの人生の節目には保険を変えることがあるかもしれませんが、それ以外の際にも、色々と保険の見直しを行うようにするとよいでしょう。

About 死亡保険

ブログ「死亡保険比較ランキング!生命保険、掛け捨て保険比較」のカテゴリ「死亡保険」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37