« 死亡保険の比較 | メイン

死亡保険の保障

死亡保険の保障についてですが、どれくらいの保障が自分には必要なのか、これは年齢によっても違っていますし、それだけでなく家族構成などによっても違っています。万が一自分が死亡した際に必要になってくるお金というのは、子供の教育費、自分のお葬式のお金、住居費と生活費などが必要になってきます。そして家族には、貯蓄と、家族の収入、退職金や遺族年金といった収入が入っていますから、必要になるお金から、これらの収入を引いた額というのが、万が一のことがあった後に必要になってるお金ということになり、それが保障額ということになります。

死亡保険の保障額というのは独身でも違っていますし、夫婦二人だけの場合、子供が1人の家庭など、人によってライフスタイルが色々ですから、それに合わせて死亡保険の保障額は違っています。自分に万が一のことがあったら、いったいどれくらいのお金が必要なのか、それを計算した上で、死亡保険でどれくらいのお金をかけるのかということを計算してみてはいかがでしょうか。人によって金額は違っていますから、死亡保険の保障額というのは様々ですし、同じ人であっても、人生の節目に合わせて変えていく必要があります。

住宅ローンを借りる際などの人生の節目には保険を変えることがあるかもしれませんが、それ以外の際にも、色々と保険の見直しを行うようにするとよいでしょう。

About

2009年08月26日 18:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「 死亡保険の比較」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37